外装の塗装・屋根塗装や外壁塗装・リフォーム・塗替え専門店。福岡県で外装塗装や屋根塗装などリフォームを中心にしています。鞍手郡,直方市,宮若市,北九州市八幡西区,遠賀郡,宗像市,飯塚市,福津市,福智町,田川郡。

屋根にもさまざまな種類や仕様があります。屋根塗装のリフォームや塗り替えを行う際、屋根の種類によってそれぞれ塗料や工程が異なります。お住まいの屋根は何ですか?

写真をクリックして頂くとアップでご覧いただけます


B-1.JPG『カラーベスト』や『コロニアル』などの商品名があります。化粧スレートとは、セメントと繊維、アスベスト等を混ぜ合わせ、成型した厚さ約4.5mmの板に塗装を施した屋根材です。早期剥離を起こさないようしっかりとした洗浄と下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねることがポイントとなります。

コロニアル屋根の塗装についてLinkIcon


B-2.JPG波形スレートは工場や倉庫の屋根で、化粧スレートは住宅屋根を中心に長年にわたり広く使用されてきました。 この屋根は表面の風化や屋根材としての耐力の低下、割れ、反り等による漏水の発生等リフォーム前に十分チェックする必要があります。

波型スレート屋根の塗装についてLinkIcon


B-3.JPG「モニエル瓦」はセメント瓦の一種ですが、「乾式洋瓦」といわれる特殊な瓦です。通常の瓦とは違い、表面に「スラリー層」というセメントの粉を薄く吹き付けてあります。「スラリー層」は 経年変化により剥れます。専用の下塗り剤を使いしっかりとコーティングしてから塗装する必要があります。

モニエル瓦屋根の塗装についてLinkIcon


B-4.JPGセメント瓦とはセメントと川砂を重量比で1:2~1:3で混ぜたモルタルを型に入れて成形し、塗装したものです。塗膜が劣化することで、セメント瓦の吸水が進むと、セメントの成分が流出し少しの衝撃で割れるようになります。1度脆くなってしまった素材は塗装で強くなるわけではないので、そうなる前に定期的なメンテナンスをお勧めします。

セメント瓦屋根の塗装についてLinkIcon


B-5.JPG断面の構造に重点を置いて開発された屋根材で、大型、長尺屋根に調和する意匠性、強度、経済性を備えた金属屋根材です。折板が古くなると、折板を留めているフックボルトが緩んでいますから、フックボルトの締付けを行います。腐食がひどく、締付けができない場合は、新たにフックボルトを取り付けます。

セメント瓦屋根の塗装についてLinkIcon